雪の降る日に考えること

こんにちは!!ライジングの諏訪です。

山形県鶴岡市にもこの先週末
どっと雪が降りました。

「いよいよこの季節がやってきたなあ」
「雪が降ると除雪もあるし、天気も良くないので、気分が上がらない」

と考えますが

少しほっとした私もいます。

田畑の真ん中に自宅がある私は
幼少期は家の周りが雪で覆われ
学生時代は除雪車が来るのが遅く
家から出られないというのが
当たり前でした。

しかし、地球温暖化の影響で近年は降雪量が少なく
昨シーズンは、ほとんど雪が降りませんでした。

雪が降らないと困ることは沢山あります。

  • 暖房器具や冬物衣料が売れない
  • 農作物の収穫に影響が出る
  • 雪解け水に頼っている地域は水不足になる

冬だけではなく、気候変動は
私たちの暮らしに大きな影響を与えます。

決して雪が好きな訳ではないですが
春夏秋冬にあった気候であって欲しいと願うばかりです。

今年はコロナウィルスのニュースが
世間を賑わすことが多かったですが

日本の総理大臣が菅総理に代わり

「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、
脱炭素社会の実現を目指す」

と掲げました。

しかし、一概に脱炭素社会って難しいことばに感じますが

私たちにはどのようなことが出来るのでしょうか?

実は日常生活のちょっとしたことからできることもあるんです。

  • 車を運転するときは、急な発進・加速をせず、エコドライブで運転する
    (二酸化炭素が発生しない)
  • 冷暖房温度を控えめにする(エネルギー・資源の無駄づかいをしない)
  • 照明をつけっぱなしにしない(エネルギー・資源の無駄づかいをしない)
  • レジ袋ではなく、マイバックを利用する(エネルギー・資源の無駄づかいをしない)

意外と身近なことからできるんです。

そして、二酸化炭素を排出しない電気が太陽光発電です。

同じく二酸化炭素を排出しない電気自動車も注目を集めています。

来年度はこういった事業の補助金に多くの予算が使われる予定です。

補助金の詳細は決まり次第お伝えしますね。

年末年始まで、残りわずかですね。

いつもと違った
「おうち時間」が多い年末年始となりそうですが、

せっかくご家族での団欒の機会に

私たちが何ができるか
話し合うのもいいですね!!

0235-33-8877 ライジング株式会社