太陽光+蓄電池で電気代を削減!!

太陽光発電だからこそ手に入る安心安全を

住宅用太陽光発電の仕組み

①太陽光パネル

屋根に取り付けたソーラーパネルで、太陽の光を電気のエネルギーとして変換しています。太陽光パネルの枚数で発電量が左右されます。

②パワーコンディショナ

太陽光パネルで創られた電気は直流電流のため、そのまま家庭で使うことができません。そのため家庭にて使用できるように交流電流に変換するのが、パワーコンディショナの役目です。

③分電盤

分電盤はブレーカーや漏電遮断器が収まっている箱のことです。太陽光発電は、専用の分電盤を使います。パワーコンディショナから出力された電力を受け取り、家庭内のコンセントや照明に電源を共有するのが役目です。

④蓄電池

太陽光でつくられた電気を家で消費し、余った電気を蓄電池に貯めて、消費の多い朝夕等の時間に使います。また、電気料金の安い深夜電力を貯めて、朝夕のピーク時に放電して使用するなど、効率的な電気の使い方が出来ます。

住宅用太陽光発電と蓄電池設置のメリット

①電気代の削減

日中に太陽光発電で創られた電気を利用することで、購入する電気量を削減することができます。また、日中使わずに残った電気は売電することができますので、売電収入と合わせることで大きな削減効果が見込まれます。

また、蓄電池を設置し効率の良い電気の使い方をすることで、更に電気代の削減を見込むことが出来ます。

②災害時にも電気が使える

太陽光発電で電気を創ることができれば、パワーコンディショナの自立運転機能を使用することで、日中の間、電気を使用することができます。

それに合わせて蓄電池を設置することで、発電した電気が余れば蓄電池に充電して夜間に特定の電源に供給することができ、大切なご家族の安全と安心を守ることが出来ます。

③地球環境対策への貢献

政府が2050年までに「脱炭素社会」の実現を目指すことを表明し、二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーへの関心が高まっています。

脱炭素社会を達成するには、企業だけではなく家庭での地球環境対策も必要です。住宅用太陽光発電は家庭から地球に優しいクリーンなエネルギーをつくることが出来るので、地球環境に貢献することができます。

導入開始までの流れ

ライジングと一緒に
住宅用太陽光を始めましょう!!