赤川花火大会支援プロジェクト

ライジングのある山形県鶴岡市の夏の風物詩といえば、「赤川花火大会」。
今では、地元の人をはじめ、多くの方々に愛されています。

今年は「第30回赤川花火記念大会」が開催される予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、来年以降に開催延期とされることとなりました。

今回ご紹介させていただく「赤川花火大会支援プロジェクト」は、赤川花火大会実行委員会の方々が、今世界中でさまざまなイベントが中止される中、赤川花火大会を「ファッション、デザインを通じて、少しでも身近に感じ楽しんでもらおう」という思いのもと、赤川花火をモチーフにしたスペシャルアイテムを予約販売するという内容です。

全商品、7月27日(月)15:00まで締め切りとなっています。

赤川花火大会SPECIAL PROJECTはこちら
※なお、収益の一部は次回の赤川花火大会の運営資金に役立たせていただきます。

赤川花火大会の名物キャラクターといえば、ご存じの方も多い!!「はなぶう」ですが、このプロジェクトならではのデザインもあるようです。一度ご覧になってみてください。

新型コロナウィルスなどのニュースで暗い話題になりがちですが、こういった取り組みは前向きな気持ちになりますね!!