必ずお読み下さい

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」について

「固定価格買取制度」とは、正確には「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」のことです。

内容は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)から発電した電気を、一定の期間「国が定める固定価格」で電力会社が買い取ることを義務づけた制度です。

上記で定められた買い取り価格は、個人様・法人様どちらが発電した電気にも適用されます。

「一定期間の買い取り」が約束されています

買取価格について

電源の種類や規模ごとによる買取価格は次の通りです。

——– 非住宅用太陽光(10kW以上)※調達期間:20年間  ——–

太陽光
  500kW以上(入札制度適用区分) 10kW以上500kW未満
2018年度(参考) 2,000kW以上
入札制度により決定
500kW以上
2,000kW未満
18円+税
18円+税
2019年度 入札制度により決定 14円+税
2020年度
2021年度
調達期間 20年間

 ——– 住宅用太陽光発電(10kW未満)※調達期間:10年間  ——–

出力制御対応機器設置義務の有無とダブル発電の有無によって価格は異なっています。ダブル発電とは主に、家庭用燃料電池やガスエンジン発電などコージェネレーション・システム設備を導入し、太陽光発電システムと組み合わせて発電するシステムです。

  10kW未満
出力制御対応機器設置義務なし 出力制御対応機器設置義務あり※1
2018年度(参考) 26円 25円
(ダブル発電)
28円 27円
(ダブル発電)
2019年度 24円 26円
2020年度
2021年度
調達期間 10年間

電源の種類や規模ごとによる買取価格は次の通りです。

 ——– 住宅用太陽光発電(10kW未満)※調達期間:10年間  ——–

出力制御対応機器設置義務の有無とダブル発電の有無によって価格は異なっています。

ダブル発電とは主に、家庭用燃料電池やガスエンジン発電などコージェネレーション・システム設備を導入し、太陽光発電システムと組み合わせて発電するシステムです。

再エネ賦課金について

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって電気事業者が再生可能エネルギー源(太陽光発電など)からの電気の買取りにかかった費用は、国民みんなの電気料金の一部からまかなわれています。

使用した電力に比例した「再生可能エネルギー発電促進賦課金」というかたちで負担していますので、今度電気料の明細書を見る機会があったらお確かめください。

 

国民全員で負担して推進している「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」ですので、可能であれば活用したほうがお得、ということになります。

再エネ賦課金は2030年ごろまで右肩上がりだと予想されるのでなるべく電力会社から電気を買わないことによって家計への影響少なくしましょう。

電気をなるべく買わないようにするには、断熱性能を高める事と太陽光発電を採用し、蓄電池を導入することで自給自足を可能にします。

電気は電力会社から「買う」のではなく

自分で使う電気は自分で「作る」時代!

 

 

 雪国でも確実に採算のあう太陽光発電を導入したい
 ライフスタイルに合わせたリフォームで光熱費を削減したい
 遊休地、家の敷地を有効活用したい

ライジング(株)なら積雪地域でも確実に収益の上がる太陽光発電を実現します。ご自分の土地と予算にぴったりあわせ地域最安値での導入を進めます。

また、トータルで住まいのリフォームも承ります。外壁塗装工事や屋根板金工事、設備工事や内装工事に至るまで、お客様が快適に過ごせる住まいのサポートをさせていただきます。


「はい、ライジングです!」と電話に出ますので、
「ホームページをみて電話しました」とお伝えください。
親身にご相談に乗らせていただきます!

お問い合わせはお気軽に! TEL 0235-33-8877

営業時間 月~土 9:00~18:00

フォームでのお問い合わせは、こちらからどうぞ

すみやかにご返信・ご連絡いたします。